早くこの鼻水を止めたい!という時はザイザル!

早くこの鼻水を止めたい!という時はザイザル!

仕事や学校はもちろん私生活などでも大切なここぞ!という時はくるものです。ですが、そういう時に限って鼻水が出たりくしゃみが止まらなくなってしまうこと、ありませんか?そんな方に即効性のあるザイザルをおすすめします!

ザイザルは比較的即効性があり持続時間も長い

花粉症によるアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹、皮膚のかゆみなど、花粉を中心してハウスダストで起こる過敏症状を抑える薬として病院で処方されるザイザルがあります。
ザイザルの効果は有効成分がアレルギー症状を引き起こす化学物質ヒスタミンの遊離および受容体への結合を阻止し、体の各部位で起こる諸症状を抑えます。
ザイザルの抗ヒスタミン薬としての効果は高く、それでいて眠気などの副作用が少ないことから病院では花粉症の患者に処方することが多くなっているようです。
抗ヒスタミン薬とは言え、服用してから効果があらわれるまでの時間、血中濃度半減期などは飲む薬によって異なり、状況によって使い分けることになります。
薬によっては服用から2~3時間、効果が持続するのが8時間程度など様々ですが、ザイザルは1時間ほどで効果が発現し、ほぼ1日にわたって効果が持続するようになっています。
抗ヒスタミン薬の中で即効性に優れていて、花粉に襲われた時でも頓服として利用できるのは心強い味方と言えます。
また、丸1日も効果が持続するのであれば1回の服用で済むため、副作用のリスクも低減され使い勝手の良い薬となります。
個人差もありますが、長い時には36時間にわたってもアレルギー症状を抑える効果が続いていることもあり、長期的な使用にも耐えうる飲み薬になっています。
このことから病院では処方する抗ヒスタミン薬の中で、ザイザルを第一選択として考えるのも不思議ではないでしょう。
1日1回で24時間以上の効果が続くのであれば、服用するタイミングが就寝前であっても翌日の朝からすっきりと起きることができます。
仕事中でも花粉やハウスダストに悩まされることがなくなるので、通常通りの勤務ができるのは大きなメリットと言えます。
また人によってはザイザルを服用しても眠気が強く出てしまうという方もいらっしゃるようです。
人によってはザイザルよりも眠気が出づらいので、どうしても花粉が気になるならジルテックを使うという選択も視野に入れるとよいでしょう。

ザイザルを長期に渡って服用する場合の注意事項

ザイザルは花粉症といったアレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬に分類され、比較的に副作用が少ないことから病院で処方され多くの患者が利用しています。
抗ヒスタミン薬を利用すると必ずと言って良いほど頻度の高かった眠気の副作用も少なく、アレルギーに対する効果も高い、効果の持続も長く1日1回の服用で良いということから使い勝手の良い薬となっています。
1日に1回の服用で良いというのは大きな利点で、特に花粉症を抑えるためには長時間の効果が必要です。
いくら季節性のものだとは言え、数ヶ月は関わっていくものなので、効果は長ければ長いほど症状をしっかりと抑えることができます。
しかし、いくらザイザルであっても毎日服用することになるので、どうしても長期の使用が前提となってしまいます。
ザイザルの有効成分であるレボセチリジンは、肝臓の解毒作用によって代謝されるので、毎日の投与によって少しずつ肝臓に負担をかけることになります。
肝機能障害が起こると倦怠感、食欲不振、吐き気、尿の色が濃くなる、皮膚や白目が黄色くなるといった症状があらわれます。
1週間程度であれば問題ありませんが、数ヶ月単位で使用すれば必ず肝臓にダメージを与えてしまうことになるので、長期の服用を行う場合は定期的に肝機能検査を行った方が良いでしょう。
また、 血小板減少への影響もあり、鼻血や歯肉出血、皮下出血など血が止まりにくい状態に陥ることもあります。
用法用量を守って使用すれば滅多に起こることではありませんが、ゼロとは言い切れず可能性があるという点には注意しておかなくてはいけません。
血液検査によって血小板の減少や肝機能を確認することができるので、長期間の服用をする場合は定期的な検査を視野に入れておくと良いです。

ザイザルを常備薬として欲しい時は通販で購入?

ザイザルは花粉症などのアレルギー症状を抑えるための飲み薬で、効果は高く副作用の少ないものとなっています。
元々はジルテックと呼ばれる抗ヒスタミン薬の光学異性体として開発されたものです。
薬効はそのままに体に与える不都合な部分を排除したもので、特に眠気や口の渇きといった抗ヒスタミン薬では独特の副作用を抑えたものとなります。 アレルゲンに触れることで放出されるヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質が遊離するのを抑え、刺激を与えることで過敏症状を起こす受容体への結合を阻害します。
花粉だけでなくダニやホコリといったハウスダストによるアレルギー症状全般で効果があり、抗ヒスタミン薬の中では強い部類になるため、過敏症状をしっかりと抑えてくれるのがザイザルです。
一部の抗ヒスタミン薬はスイッチOTCと呼ばれる飲み薬があり、これらはドラッグストアなど実店舗で販売されています。
ザイザルは2010年に認可されたばかりの飲み薬で、比較的新しいという点からも市販薬化されるまではまだまだ時間がかかりそうです。
花粉症の薬として使用するのであれば、早めに入手して常備薬として手元に置いておくのが良いのですが、ザイザルは病院で処方してもらう必要があるので気軽に入手するというわけにはいきません。
仕事が忙しい、病院に行くのが面倒という人は、インターネットを介して個人輸入代行サイトから購入するという方法があります。
通常のネット通販と同じような感覚で購入することができ、医療用医薬品でも自宅に届けてもらえるので、常に手元に置いておきたいとする薬がある場合には有効な手段と言えます。
花粉症予防で使用するなら毎日のように服用することになるので、消費も激しいことになることから、大量に購入することにもなるのでまとめ買いが利用できてお得に購入できます。